藩校サミット

第18回全国藩校サミット壬生大会

第18回全国藩校サミットの壬生大会のテーマは「鳥居家三君に見る人づくりの精神」です。三君とは初代・鳥居元忠(とりいもとただ)、6代・忠英(ただてる)、11代・忠挙(ただひろ)を差し、今大会では、壬生藩政に大きく貢献した、この三人に光をあてます。
このサミットは、「江戸時代に藩校で行われていた教育・精神を再認識して現代に生かそう」という趣旨のもと、藩校間の文化交流と漢字文化の継承を願い、漢字文化振興協会が中心となって、全国各地で開催されてきました。旧大名家(藩主)のご子孫やその関係者が一堂に会しての一大イベントです。

会期 令和3年11月20日(土)、21日(日)
場所 第2部会場 城址公園ホール(壬生町中央公民館)
注意事項 新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言などで、急遽内容を変更する場合があります
資料 第18回全国藩校サミット壬生大会の資料はこちらから(PDF)